多治見店

塗装作業における足場の重要性

建設現場や塗装工事の現場で建物に足場がかけらているのを見かけたことがあるでしょう。

鉄骨の骨組みで建てられる足場ですが、どのような役割を持っているのでしょう。

今回は、その足場について解説していきたいと思います。

職人の安全を確保できる

きちんと足場を組むことで、転落防止や不安定な体制での塗装を避けることができ、安全に工事を進めることができます。

また、一部足場がいらない現場もありますがそれらを除いて、「労働安全衛生規則」という法律で足場を組むことが定められています。

丁寧に作業が出来る

職人が無理のない体制で作業をすることができるため、効率的かつ丁寧に塗装工事を進めることができます。

足元が安定することにより、建物のまわりに自由に動けるスペースができます。

簡単な脚立やハシゴではそうはいきません。

飛散防止に繋がる

足場を組んだあとは、飛散防止ネットを張ります。

そのおかげで、高圧洗浄の水しぶきや塗装の際の塗料の飛散を最小限に抑えることができます。

飛散防止による近隣住民や通行人へのトラブル回避へと繋がるのです。

設置された足場は安全面・高圧洗浄・塗装など外壁工事全ての作業の安全性と作業効率、施工品質にずっと関わる存在です。