多治見店

サイディングボードのデメリット

最近はおしゃれなデザインの外壁をした建物がたくさん増えてきましたね。

前回、このおしゃれな壁を演出できるサイディングボードのメリットについてお話しましたが、今回は後編、デメリットについてお話していきたいと思います。

デメリット 

・シーリングの劣化

ボードのつなぎ目にはシーリング材が充填されています。シーリングは、施工後5年を目安に劣化が出てきだします。シーリングは防水の役割を担っていますので、劣化により防水機能が役割を果たさなくなってしまいます。そのため、内部に水が浸水しやすくなってしまいます。

・熱を蓄積しやすい(窯業系)

窯業系サイディングには、熱を蓄積しやすい性質があります。そのため、夏は不要な外の熱を溜めてしまうことがあります。

・傷がつきやすく錆びやすい(金属系)

金属製のため、水に弱く錆びやすいです。また、傷などからも錆びに発展してしまいます。錆びが悪化すると、建物の寿命が落ちてしまいますので注意が必要です。

・メンテナンスの頻度が高い

基本的に10年に一度は再塗装をすることをおすすめします。また、10年経つ前にシーリングやひび割れの補修など、一度点検をしたほうがよいでしょう。金属製の場合は、錆びた箇所がないかを見ることも忘れないようにしましょう。

この様に、サイディングボードにはデメリットも数多く存在します。

デメリットも理解したうえで、サイディングボードのご検討をいただければと思います。