多治見店

塗料の成分の違いとは?

今回は、塗料の主な成分とその役割について説明していきます。

塗料は主に、【顔料】【添加剤】【合成樹脂】という3つの成分で出来ています。

顔料とは、

塗料の色を決定する粉末状の成分です。

色の濃淡の他に、艶出しをする能力も担っています。

染料とは違い、水に溶けない性質を持っているため、耐候性に優れています。

添加剤とは、

塗料の性質を調整する役割を担っています。

代表的なものを挙げると、防カビや防腐、たれ防止やつや消しなど、塗料に様々な機能を追加させるために添加剤を加えます。

合成樹脂とは、

主に塗料の保護機能です。

主に、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂 などが挙げられます。

塗料の粘りや付着力、乾燥性や耐久性などの部分に影響します。

合成樹脂は、

塗料の品質やグレードや耐久性などを決める主成分です。

これらの成分は組み合わさって、塗料の性質、特性、および用途に影響を与えます。

適切な成分の選択と調合により、さまざまな塗料タイプが生み出されます。