多治見店

「ラジカル」塗料 そもそもラジカルってなに??

ラジカル塗料とは、主に「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」という2つの成分が配合されていることで、耐久性・耐候性が高い塗膜を作れるという、現在では人気の高い塗料です。

そもそも「ラジカル」とは??

塗料に含まれる顔料に酸素や紫外線などが触れることで「ラジカル」という劣化因子が発生します。

ラジカルが発生することで、塗膜の劣化につながり、外壁の表面を手で触れたときにチョークの粉のようなものが付着してしまう「チョーキング」という現象が起きてしまいます。

チョーキングを長期間放置してしまうと、防水性・耐候性などが著しく下がってしまい、

雨水が侵入することで、コケやカビが発生し、さらにはひび割れなどのリスクが高まってしまいます。

こうした外壁の劣化の原因になる「ラジカル」という成分の発生を抑える効果のある塗料が「ラジカル塗料」です。

次回はこのラジカル塗料のメリット、デメリットをお伝えしていこうと思います。