多治見店

外壁に白い粉!?チョーキング現象とは

外壁を触ると、チョークのような粉が手に付着した経験はありませんか?

その粉の正体は、塗料の中の合成樹脂が分解し、顔料が粉状になって表面に浮き出てきたものです。

今回は、チョーキング現象について解説していきたいと思います。

経年劣化によるチョーキングは必ず起こるものなので、避けて通ることはできません。

塗装をした外壁は、紫外線や雨風などの外部環境の影響を受け、劣化していきます。

劣化と共に、チョーキング現象が起き、触ると白っぽい粉が付着するのです。

チョーキング現象が起きているのか、確認する方法がいくつかあります。

●手で触ってみる:先ほど述べました通り、手に白いチョークのような粉が付着します。特に劣化しやすい、日当たりのよい方角の外壁を触ってみてください。

●外壁に水をかけてみる:チョーキング現象の起きている建物は、防水機能が低下しています。

水にぬれると変色するため、晴れや雨の日で外壁の色がはっきりと異なるようであればチョーキング現象が起きている可能性があります。

チョーキング現象は、塗膜が剥がれ、防水機能が低下してしまっているサインです。

外壁が雨水から守られていない状態なので危険です。

塗装は、建物の美観を整えるだけでなく、紫外線や雨風から建物を守る役割を果たしています。

放置してしまうと悪化し、クラック(ひび割れ)が起きる危険性もあります。

早めに塗装のメンテナンス(塗り替え)をする必要があります。