多治見店

外壁塗装の見積りを取る際は、劣化診断書も作ってもらいましょう!

外壁や屋根を塗装する際に、見積りを出してもらうと思います。

その際に、劣化診断もしてもらっていますか?

自分の目で見て判断できる劣化もありますが、屋根など高い箇所は専門の業者に劣化を診てもらわなければ判断がつきません。

業者によっては、適当に建物もきちんと診ずに見積書を作成している業者もいます。

しかし建物を診ずに建物の劣化具合を判断できるはずがありません。

そのため、適切な工事を行うことが出来ず、問題を抱えている箇所があればその問題を解決することは不可能です。

劣化の度合いは、建物によってさまざまですし、それはきちんと診て見ないことにはわかりません。

建物が傷んできてから対処するのではなく、ご自宅が今現在どのような劣化状況にあるのかを把握するのには劣化診断を行うことはとても大切です。

劣化診断をきちんとしてくれる業者とそうでない業者。どちらのほうが安心出来るでしょうか。見積りを取る際は、この点も注意してみることをお勧めします。

残念ながら、適当にする業者も中にはいます。そんな業者は、塗装工事すらも丁寧に行うか怪しいところです。

安心して工事を進めれる業者と契約を行ってください。