多治見店

タイル外壁はメンテナンスフリー?タイル外壁の特徴とメンテナンスについて

タイルは他の外壁材に比べて耐用年数が長いとされるため、通常は「メンテナンスフリー」と表現されることがあります。

タイル自体は無機質であり、通常は劣化しませんが、時にはひび割れることがあります。そのような場合は補修が必要です。

タイル自体は、変色や劣化などが起こりにくい素材ですが、タイルを支えている下地や目地は時間とともに劣化しますので10年を目安にメンテナンスが必要になります。

タイルは土や石、砂など自然素材を使用した無機質の外壁材です。

無機物は耐久性に優れており、通常、紫外線や雨風の影響を受けても、変色や劣化が生じにくい特性があります。

タイル外壁は他の素材では再現できない独自の意匠性や高級感、そして重厚感を表現することができます。

そして、機能性だけでなく、デザイン性にも優れた素材であり、多彩なバリエーションが存在します。

タイル外壁のメンテナンスは、ひび割れ、目地の割れ、タイルの浮き、壁の汚れなどが挙げられます。

また、タイルの塗装には「防水塗装」と「クリアー塗装」があります。

塗装をする場合は、「チョーキング」や「色あせ」などの劣化症状が発生するようになります。

そして、塗料の耐用年数ごとに再塗装が必要になることをしっかりと覚えておきましょう。

いかがでしたか?

タイルそのものは、確かに耐用年数が高いですがそれを支える目地であったり下地などは劣化してしまいますのでメンテナンスが必要になります。

また、塗装をする場合も同じく定期的なメンテナンスが必要になります。

これらをきちんと理解し、タイル外壁を楽しんでいただければと思います。