多治見店

外壁塗装 カラーシミュレーションと塗板見本を活用しましょう

建物の色を決める際、小さな色見本帳だけではイメージが湧きづらいですよね。

そんな時は、カラーシミュレーションと塗板見本を活用してみましょう!

カラーシュミレーションは、実際の建物の写真にお好みの色を専用のソフトを使って当てはめることのできる便利なツールです。

写真ではありますが建物全体を見ることが出来るので、完成後のイメージが最もつきやすいのではないでしょうか。

では次に、塗板見本です。

カラーシュミレーションを行った後は必ず、塗板見本で塗料の色を確認しましょう。

カラーシュミレーションでは全体を見ることが出来ると申しましたが、あくまで写真でのイメージ。

そしてモニターやブラウザによっては色味が異なって表示されてしまうこともあります。

ご自身がイメージした色は、実際の塗板を見て再確認する必要があります。

そして、この塗板見本を様々な時間帯や天候などで実際に塗装をする建物に近づけてみましょう。

塗板見本も、多くはA4サイズのものですので小さくはありますが、色見本帳よりも大きくカラーシミュレーションよりも正確な色をしています。

最終的な判断をするために使用するには、最適だと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

よりイメージに近い完成を目指すために、カラーシミュレーションと塗板見本、ぜひ活用されてみてください!