多治見店

ビルやマンションの屋上防水、意識していますか?

屋上部分は雨風が侵入しやすく水が溜まりやすいため、雨漏りや浸水が発生するのを待つのではなく、事前に予防策として定期的なメンテナンスを行うことをお勧めしています。

一度でも雨漏りしてしまうと、そこからカビが生えたり建物を腐食させてしまったり…

二次被害に繋がってしまいます。

雨水は、ちょっとした隙間からでもすぐに侵入してくるため、注意が必要です。

また、屋上は雨水だけでなく太陽からの紫外線の影響をとても受けています。

そのため、とても傷みやすい箇所となっています。

外壁ももちろん防水対策は必要ですが、屋根や屋上はそれ以上に防水対策に気をつけなければならないということですね。

では、どのような方法で防水を行うのでしょうか。

シート防水や塗膜防水、アスファルト防水など様々な施工内容があります。

屋上が広い場合、内部の空気が膨張し、防水層を膨らませることがあります。この問題を解決するためには、脱気塔を設置して空気を逃がすことが有効です。定期的な防水工事は、結果的に費用を抑える効果があります。

屋根や屋上の防水についてお話してきました。

今回の記事で、屋根や屋上の防水が大切だということがみなさんに少しでも伝われば幸いです。