多治見店

屋根の色を変えるだけで室内の温度が下がるって本当!?

みなさんのご自宅の屋根は、何色ですか?

実は、屋根の色は建物の外観だけでなく、建物内部の快適性にも影響するのです。

近年特に注目されている白い屋根。

今回は、白い屋根の持つ魅力をお話していきたいと思います。

〇白い屋根の持つ魅力〇

真夏の強い日差しが降り注ぐ時間には、屋根の表面温度がとても高くなります。

そこで、遮熱効果のとても高い白い屋根を起用したとします。

屋根の白色は太陽の光を反射し、建物の内部の温度上昇を防ぐ効果があります。

その効果により、真夏の冷房の使用温度を低くしすぎることがなくなり、電気代の節約に繋がります。

反対に、黒に近い色の屋根は、熱をよく吸収してしまいます。

遮熱効果の高い白い屋根にすることで、温度の上昇を抑え、冷房の使用温度を低くしすぎないことで、CO2排出量の低減を図ることに繋がります。

いかがでしたか?

明るい色ほどより多くの太陽光を反射し、建物内部の温度の上昇を抑える効果が期待できます。

特に、白い屋根は建物の全体的な明るさを強調するだけでなく、清潔感があります。

最終的に色を決めるときは、建物全体のバランスや地域の景観なども考慮し、ご自身のライフスタイルや好みに合わせて選ばれてください。