多治見店

外壁塗装の際によくある失敗談とその対策

いざ、塗装が出来上がった家を見てみると「思っていたのと違う…」なんて話をよく耳にします。せっかく高い金額を払ってした塗装なのに、こんなはずじゃなかったといったことにしたくないですよね。

今回は、そんな失敗談と失敗をできるだけ避けられるように対策までお伝えできればと思います。

イメージしていた色と実際の色味が違った

外壁塗装において、特に多い失敗談です。

色を決める際に参考にする色見本帳の大きさと、実際に外壁に塗る際の面積の差による視覚効果の違いにより、これと決めた色が実際と違って見えることがあります。これは、面積効果といって、面積が広くなるにつれて明るい色はより明るくあざやかに、暗い色はより暗くくすんだ感じに見える現象のことを指します。色を決める際には、必ず色見本帳とは別に塗板見本を使用し、様々な時間や天候時に実際に壁に当てて見てみることが大切です。

悪徳業者に依頼してしまった

近年、リフォームに関する悪徳業者関連のトラブルが増えてきています。

最初は、連絡は密でとても親切に対応してくれて、とてもいい業者だと思い込みがちです。ですが実際には、書類に意図的な不備があったり、細かい説明を曖昧にして誤魔化されたりすることが多いです。安さを一番にと囚われて契約したものの、工事完了時の請求額が当初の予定より高くなったり、最悪の場合手抜きの工事をされたり…

この様な悪徳業者に当たらないためにも、複数の業者から相見積もりを取り情報を出来るだけたくさん得ることが大切です。

いかがでしたでしょうか。

今回は、塗装の失敗談とその対策についてお話していきました。

お塗り替えで失敗しないためにも、こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。