多治見店

外壁塗装における塗料 1液型と2液型ってなに?

塗料には、1液型と2液型があります。

と聞かされても、何のことかよくわかりませんよね。

今回は、塗料の1液型と2液型についてお話していきたいと思います。

1液型と2液型の大きな違い、それは耐用年数の違いです。耐用年数=耐久性です。

耐久性が高い塗料ほど、外壁をより長い期間守ることが出来ます。

1液型塗料

1液型塗料は、塗料に硬化剤が配合された状態で販売されている塗料です。

硬化剤がすでに含まれているため、さらに硬化剤を混ぜ合わせる作業が必要なく、すぐに塗装作業を始められるメリットがあります。

<1液型塗料を塗布するのに向いている素材・箇所>

1液型塗料は、密着性が若干劣るため、下地の素材を選びます。

コンクリート・セメントモルタル・サイディングボード・各種旧塗膜

2液型塗料

2液型塗料は、主剤と硬化剤を決まった配合で混合する必要があり、さらにそれを水やシンナーで薄めて使う塗料です。主剤と硬化剤が別々の缶に入っていて、外壁塗装を行う直前に混ぜ合わせて使います。

<2液型塗料を塗布するのに向いている素材・箇所>

塗布する場所や箇所を選ばないのが2液型塗料です。

コンクリート・セメントモルタル・サイディングボード

ALCパネルスレート板・スレート板・鉄・亜鉛メッキ銅・アルミニウム・ステンレスなどの金属

外壁塗装をする場合は、1液型塗料と2液型塗料それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、使い方を分けることをおすすめします。