多治見店

住宅の基礎部分もひび割れ劣化するのをご存じですか?

基礎工事はもともとコンクリートに水分を含んで施工をするため、その後の乾燥と収縮をくりかえすことにより、多少のひびは起きてしまいます。

中には、放っておいても大丈夫な症状のものもありますが、そうでない場合もあります。

今回は、基礎部分のひび割れついて解説していきたいと思います。

幅0.3㎜以上、深さ0.5㎜以上のひび割れ

ひび割れの幅0.3㎜以上、深さ0.5㎜以上のひび割れは「構造クラック」と呼ばれます。

これは補修が必要です。建物の耐震性や強度に関わる重大なひび割れなので、見つけたらすぐに専門知識のある業者に点検を依頼しましょう。

同じ場所に無数のひび割れ

一部に力が加わってひび割れが発生している可能性があります。地盤沈下や建物が傾いていたり、構造そのものだったりに問題がある場合もあります。

横一文字のひび割れ

放置すると、雨水が基礎内部に浸透し、内部に存在する鉄骨を腐食させる可能性があります。内部の鉄骨が錆びてしまうと塗装での補修工事だけで収まらず、鉄骨交換などの大規模な工事が必要になり余計な費用がかかってしまいます。

基礎の剥がれや滑落

ひび割れを放っておくと、次第にひび割れが広がってそして剥がれや滑落が発生します。大切な基礎の強度も弱くなってしまうので、早めに補修を行ないましょう。

今回挙げさせていただきましたひび割れ症状は、どれも補修が必要な重大な劣化症状です。

もしご自宅でこうしたひび割れを発見し、今はまだ何も問題ないから大丈夫と放っておくと最悪の場合、塗装よりもはるかに大きなお金をかけて工事をしなければならなくなります。

少しでも気になるような劣化を見つけたら、すぐに業者に診てもらいましょう。