多治見店

塗装の相見積もりは取るべき?

相見積もりという言葉を聞いたことはありますか?

相見積もりとは、複数の業者から業務上の見積もりを出してもらい価格やサービス内容を比較する事です。

これにより、自分に合った最適な業者を選択することができ、悪徳業者から契約させられて失敗したというトラブルも防ぎやすくなります。

では今回は、相見積もりを取る際のメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

【メリット】

・相場がわかる

塗装業界は決まった価格がありません。いくつかの塗装業者に見積もりを依頼することで、塗装の相場の価格帯が把握でき、同時に工事の内容も比較できるため、価格だけでなく全体の条件を考慮して判断することができます。

・知識が身に付く

塗装工事には馴染みのない専門用語や工程があり、複数の見積もりを取ることで、これらの用語や技法を理解することができます。

・担当者の態度や信頼性を事前にチェックできる

最終的には人と人です。価格だけではわからない、安心感や信頼関係が気づけそうかなど大切な部分を見極めたいですね!

【デメリット】

・慣れていない人には難しい

記載項目は多岐にわたり、数十ページにもなることもあります。さらに、業者によって書き方や項目が異なり、比較検討するのに時間がかかるかもしれません。

・時間と労力がかかる

相見積もりを取ればとるほど、時間がかかりますしその分エネルギーをつかいます。複数取ることは大事ですが、取りすぎはかえって比較対象が多すぎて決定に困ってしまいます。

いかがでしたでしょうか。

見積りは優良業者を見つけるためにとても大事な作業だと思います。

ですが、デメリットでもお伝えした通り、取りすぎはかえって迷うだけになります。

ある程度業者を絞ったうえで、ご自身の予算や希望を伝えて理想の見積りを手に入れてください。