多治見店

塗装を長持ちさせるコツ

外壁塗装は「建物を保護する」また建物を美しくして新築のように蘇らせる役割を担っています。

安心感と落ち着きをもたらす住まいを長寿命で美しく保つには、塗料の選定や外壁の色彩、適切なメンテナンスなどが欠かせません。

今回は、塗装を長持ちさせるコツをお話ししていきたいと思います。

耐久性の長い塗料

ご自宅の塗装を長持ちさせるには、まずは耐久性の長い塗料を選ぶ必要があります。

フッ素やラジカルなど、一般的に長いとされている塗料を選ぶことをお勧めいたします。

原色は色褪せしやすい

次に、色褪せしにくい色を選びましょう。

色褪せしやすい色に赤色や黄色・紫色などの原色があげられます。

濃いブラウンやブルーなどの深い色は、色素濃度が高く色あせが抑えられ、一方でアイボリーやグレー、ベージュなどの中間色は色あせても目立ちにくい特徴があります。

定期的に点検を行う

塗装は、10年を境に塗り替えの必要が出てきます。

どこか不具合が出てからは遅いので、不具合が出る前に、日ごろから定期的に目視できる範囲だけでも構いませんので、外壁や付帯部分の状態を確認しておくことはとても大切です。

汚れは早めにケアする

外壁を美しく保つためには、日常的なケアも大切です。

カビやコケなど、ご自身で気づいた汚れは早い段階であれば落とすことが可能です。

いかがでしたでしょうか。

今回は、ご自身でできる範囲のものをご紹介しました。

せっかくの美しい建物です。

日ごろ雨風から守ってくれている外壁に感謝の気持ちを持って、点検してみるのはいかがでしょうか?